おけぴの使い方と利用方法・宝塚のチケット編

おけぴの使い方と利用方法・宝塚のチケット編

チケットの交換や譲渡のサイトでおけぴが有名です。宝塚のチケットも多数乗っており情報をみたり交換した人もいるかと思います。

宝塚のチケットが余ってしまった。行けなくなった人のためにおけぴの使い方と思ったことを書いてみます。

●譲渡の場合

おけぴはチケットの定価の価格での譲渡(売り)になりますので購入する為の手数料は請求できないという規約なので売るほうとしては損していることが多いので譲渡の人は相当少ないです。譲渡の人は公演日が直近で突然行けない。大劇場でそこまで人気公演でない平日などが多いようです。

買うほうとしては定価で行けるので美味しい話なので希望者は多いので公開するとすぐに決まってしまうことがおおいです。
少ないとは思いますが詐欺もいると思いますので原則先に振り込んだら送るという話は危険です。

原則買うほうとしてはリスク回避のために当日現地で集合しチケットと代金の交換、事前にどこかで待ち合わせて交換になります。さすがにチケット自体偽装は少ないとは思います。それでも一応チケットに書いてある場合は売主の免許証など合致しているか見ておきたいところです。

売るほうとしては当日買い手が来なかったらチケットがムダになり空席になるのでやり取りの時点で電話番号など色々信用できるか確認したいところです。

人気公演では高値で流通サイトであるので定価近くて出せばそちらのほうでトラブル無くやり取りできるので定価でも引き取り手がないような公演であればそちらとの併用で掲載するのもありだと思います。

おけぴの規約に意見するわけではないですがたとえば譲渡が手数料分マイナスになるので1枚あたり500円までのチケット代プラスできるようになれば譲渡希望の人は増えると思います。

●交換の場合

当たり前のことですが人気公演で千秋楽や新人公演、初日や土日希望する人は多いです、しかしながらそのチケットと等価に近いチケットを持っている人は少なくそれをお互い交換するメリットがないとなかなか成立はしません。

意外と多いのですが自分の持っているチケットの総合的な価値よりいい条件の物を希望で公開している物は多いです、これでは応募もないので出すのであればよく考えて出すべきです。例えばこちらが座席未定で1週間前にわかるチケットと相手に週末の15列以内での良席を希望しても成立はしません。成立するのは同じS席同士で同じぐらいでの列での席での交換が多いようです。

それでも相手側からすると交換するメリットが無ければ動かないので投稿するのあれば基本は自分の手持ちの価値よりも下がるつもりと思わないと実際交換は厳しいです。

探す場合は希望の公演名や自分の手持ちの公演名で検索しよさそうな条件をウォッチリストに加えて連絡する形になります、経験的には宝塚を観劇する人たちは比較的トラブル無くやり取りできるように思えますので返事で交換OKの流れであれば直接合ってでの実券の交換が理想になります。

おけぴのシステムは大変素晴らしいのですが沢山出ている割になかなかお互い満点の希望になることは少ないので保留されて時間が掛かったりしますのであまり毎日のように張り付いて見る手間や気持ちは勿体無いようにも思います。投稿した物が日にちが経つと奥にいってアクセスがなくなってしまうので定期的に更新して前の方に表示するための手間も結構あります。

♥宝塚歌劇のDVD・ブルーレイや写真集などを宝塚アンで探す♥

ですので利用するに当たってここまで譲歩する、これまでに決まらなかったら諦めて譲渡するなど決めておくと良いと思います。