初めて宝塚友の会のメリットや入って疑問になるであろう事の回答まとめ

初めて宝塚友の会に入って疑問になるであろう事の回答まとめ

多くの人がチケットの優先が目的で入会していると思います。
現在の宝塚友の会の会員数は約8万人だそうです。(友の会のスタッフが言っていました)
友の会での優先枠は500人から600人だそうです。

東京宝塚劇場・大劇場

第1次抽選方式
新人公演・千秋楽はSSからB席まで全て抽選対象になります。
他の貸切日でない日はSS席のみ応募が可能です。

※1次はほとんど当たることは少ないです。新人公演・千秋楽以外で応募するのであればでSS席で抽選予約の申し込みをします、申し込み画面でもS席などは選べないようになっています。

第2次抽選方式
新人公演・千秋楽・SS席は抽選申し込みは出来ません。
1次の対象外であった日のS・A・B席が対象になります。

基本は1次でSSを申し込む。ダメなら2次で他の席で申し込むながれになり2度チャンスがあるということです。

重要なのはどうしても行きたい演目であれば調整していける日に出来るだけ多くの日で応募することです。

平日のA・B席の昼間が一番当たる確率が高いそうです。

先着順方式(宝塚友の会先行販売)
1・2次抽選の後でやります。通常公演であれば2次抽選が金曜発表でその直ぐの日曜の朝10時からになります。よくあるぴあなどと同じで公式サイトの購入ページから入りますがスタート時間から込み合ってるの状態が続きまず取れないです、しかしあっさり繋がって取れることも多いので頑張りどころです。一般会員は電話でも受け付可能。
抽選は当たったらラッキーで先着順方式は一般発売よりははるかに取りやすいので重要です。
抽選で取れなかったらほかのプレイガイドの抽選も合わせて応募することが大事です。
千秋楽や新人公演は売っていません。初日はあります。

プレイガイドの一般発売で買える確率よりははるかに高いので先着順では頑張りどころです。

先着順方式の買い方については他のページに詳しくあります。

宝塚・友の会の先行発売の買い方 (必見)
宝塚・友の会の先行発売でのチケットは頑張れば結構買えます。抽選で当たらなかったらここが勝負になります、プレイガイドの一般よりはるかに取れますので友会の人は必見です。

バウや全国ツアー、東京特別公演など

抽選方式が1回のみで先着順方式はそこで余った時のみになります。バウはほぼ抽選のみで一杯になりますが日程の長い東京公演など平日であれば余ることはあります。

ステイタス制で当選確率は上がってくるので毎公演1次・2次の抽選は応募することです。それぞれ50ポイントつくのでダメもとでも出すことが重要です

まとめ 基本上記の1,2次抽選と先着順方式が宝塚友の会に入るメリットです当たった時は良席なので長く宝塚を見るのであれば友の会には早く入ることをすすめます。

プレイガイドの抽選も併用して応募して行きますがどうしてもチケットが手に入らなかったときは流通サイトなどで手に入れるしかないときがありますが
公演日に近づくとSのそこまで良席ではない場所など定価に近づいてきますのでそこを狙うのも大事です。

どうしても日にちや超良席などあるときは早めに抑えるのも手です。

早めに人気公演かどうか、定価からどれだけ高値で売っているか見るとそれだけチケット難の公演だということです。エリザベート、スカーレットピンパーネル、ファントムなど名作、人気のあった漫画などの公演、トップの退団公演はチケットが取ることが難しくなります。

♥宝塚歌劇のDVD・ブルーレイや写真集などを宝塚アンで探す♥