今後の宝塚の公演の展望を予想します

今後の宝塚の公演の展望を予想します。

※4月9日

20年6月末まですべて休演と発表

昨日梅芸の星組の全国ツアーのエル・アルコン鷹の友の会の当落発表を中止すると来ました。

当選発表をすると銀行からの引き落としがありもし休演になると計算し返金の作業が膨大なのでの措置かもしれません。

コロナの今後が予測はできませんが政府の要請からして5月6日までのゴールデンウィークが終わるまでは全ての公演は休演の可能性大です。

しかしエル・アルコン鷹の公演日は2020年6月12日(金)~7月1日(水)のなり結構先になのになぜ?

予想では全国ツアーの大きな日程変えを調整している可能性が。

本公演も確証はないですが1公演スライドさせて全休になりそうな花組や星組の公演を行う、今後の他の公演終演後に組み込んだりする可能性もあります。

会場の調整もありますがオケスタッフは公演ごとに決まっていますので簡単にスライドや依頼も簡単ではないですがなにか大胆な公演の再構築をしそうな予感がします。

もう花組の大劇場や星組の東京公演はそっくりなくなる可能性もあります。調整的にはそれが一番楽だとは思います、星組の千秋楽でビデオ撮影もおわっているでしょうから花組のはいからさんが東京で一回でも公演すればその時撮影しそうです。ブルーレイ販売用やスカステ放送用に映像は残したいでしょうし。

コロナの終息予想はでできませんが武漢が2か月半で都市封鎖解除したそうなので5月末で日本も落ち着く可能性もあります。そうなれば宝塚も6月ごろから再開の可能性も。

6月のエル・アルコン鷹(地方ごとでいくつか中止はありそう)やシラノは予定通りの日程で公演する可能性もありそうです。

劇団四季は公演ごとに5月20日あたりと5月末まで休演を決定しましたので宝塚も5月連休明けからか5月20日あたりか・6月頭あたりが再開のタイミングになりそうです。

気になるダイモン退団公演ですが噂では大劇場の会のお取次ぎなどの受付がストップしたそうなので公演自体が時期がずれるなど全く予測付かない状況のようです。

チケット確保の件ですが友の会は抽選や先着で取ったものは手続きなしでチケット返送などの手間もなく2か月程度後で返金されるので今後どんな予定になろうと応募はしておいた方がよさそうです。

友会会員でも公式で買った一般発売は申請が必要です。

友の会の明細書は購入時でどの公演での引き落としと書いていないので返金されたものでも明細には公演名は載っていないと思われますので正確に返金されたか友会の購入履歴と休演になった公演を見比べてメモを残しておいた方がよさそうです。

返金でチケ返送など手間のかかるプレイガイドでの応募は考えてからの方がよさそうです。

遠征組もキャンセル無料のものですぐ変更できるものでの予約がよさそうです。

♥宝塚歌劇のブルーレイや写真集・公演プログラムを宝塚アンで探す♥

エルアルコン鷹

タイトルとURLをコピーしました