宝塚スカイステージ雪組千秋楽生中継からの未来を考える

宝塚スカイステージ雪組千秋楽生中継からの未来を考える

まさかの発表に驚きました。

3月22日の雪組ワンス千秋楽をスカステで生中継するというものです。

コロナの問題でライブビューイングでの集団感染予防としてライブビューイングを中止にしました。金銭的にも大きな打撃ですので楽日2回のみは公演してライブビューイングも行うと思っていました。

結果的には千秋楽の公演で観客を入れても入れられなくてもスカイステージで生中継するということです。

ライブビューイングは地方組やチケットとれなかった人には大変有効な観劇方法でした。特に御贔屓の退団者がいるときは退団挨拶やサヨナラショーをどうしても見たいという人も多いと思います。

驚いたことにスカイステージで生中継できる技術がもうできたということです。

宝塚歌劇のライブビューイングは料金的に安くはありません。20年3月現在で料金:4,700円(全席指定/税込)になります。ぴあへの抽選・発券手数料も安くはありません。

感覚的には5,000円に交通費という感じです。

今後の予想ですが

映画館でのライブビューイングは廃止されてスカステで毎回生中継されると想像します。
映画館の使用料・運営への料金などが必要なのでどうしても5千円近く要りましたがスカステだと経費が激減するので歌劇団としても安く提供できるメリットもあり視聴者も移動なし映画館まで行かなくても自宅で見れるので多くの人がメリットが増えます。

スカパーでは番組内で個別でペーパービュー方式(その番組のみ見るために別料金必要)にすれば仮に3000円などで通常の毎月の料金に足してみることが可能になります。またスカステ契約してない人もスカパーの見れる環境であれば単発で見ることも可能です。

スカパーでもデメリットもあります。大雪や雷などになるとその地域の人が画像が映らないということがあります。その時のために当日や別日に再放送も必要と感じます。映画館の大画面でもみれません。

今回は録画可能と大サービスですが基本的には録画不可になる可能性も高そうです。ブルーレイも買ってほしいですしね。

スカパーやケーブルテレビ、光テレビで色々な理由で見れない人にはライブビューイングはありがたい存在でしたがそれ以上にぴあの抽選で当たらない・近くの映画館が当たらなくて遠い会場に行かないといけない・そもそも近所で上映館がないなどスカステ見れる環境の人の方が多そうですので大きなメリットになりそうです。

もし可能であればぜひ採用してほしいのですが

ダイキホの千秋楽の大劇場・東京宝塚劇場の両方スカステで別途料金で生中継で見れるなら今までのようにライブビューイング応募しても当たらない・当たっても前方端や後方端などのリスクもありません。

結果的には見たい人も増え歌劇団にとっても大きなメリットになるような気がします。

スカステ料金
<スカパー!の場合>
基本使用料 : 390円(税別)/月
月額視聴料 : 2,700円(税別)/月
ケーブルテレビ、光テレビは問い合わせ

♥宝塚歌劇のブルーレイや写真集・公演プログラムを宝塚アンで探す♥

雪組公演 『ONCE UPON A TIME IN AMERICA(ワンス アポン ア タイム イン アメリカ)』

タイトルとURLをコピーしました