宝塚友の会の1次抽選のシステム変更し千秋楽や新人公演当選の確率アップへ

宝塚友の会の1次抽選のシステム変更があり大劇場は4月からの月組から東京宝塚劇場では5月からの花組公演からの施行です。

変更点は1次抽選での当選はすべて当日発券か当日認証入場のみになりました。つまり従来のSS席だけでなく新人公演や千秋楽でのS・A・B席も当日のみ発券になり事前に発券することが出来なくなります。

その効果は大きいものになりそうです。

千秋楽や新人公演当選の確率アップへ

ポイント稼ぎや最初から行く気もなく当選したらオケピで希望のチケットに交換すればいいと応募している人達からの応募が無くなるので千秋楽や新人当選の確率アップになりそうです。

高額転売目的の応募も当日発券になり激減の予感

また最初から貴重な楽や新公を転売目的での応募する人もほとんど応募しなくなります。当日発券してからの手渡しなどしないかぎり転売できないので効果は大きいと思います。

楽や新人が当たらない要因として交換目的でダメ元で関東組は大劇場の楽、関西組は東宝の楽を応募している人は現状大変多いようですのでそれがなくなるだけで楽や新人への応募総数は30パーセントあたりは減ると予想しますので当選率は1,4倍アップぐらいになりそうです。

今後この効果が大きくでれば初日や人気公演の土日なども友会当選は当日発券になるかもしれません。

歌劇団としての1番の目的は高額転売者を撲滅することですので最初から転売目的で応募しなくなるのは大きな効果だと思われます。

友会会員には最初から交換要員での応募者も減るので当選率があがるのが大変うれしいところです。

希望としましては高額転売の多くはプレイガイドからの当選分や貸し切り公演もたいへん目立っておりますのでそちらもなんとか対応してほしいところ。

当日体調不良や急用、交通機関のトラブルで遠方からの移動組がこれないなど当日どうしてもいなくなった時にQRコードでの友人に譲る、当日券に回すなどの特別対応のシステムもお願いしたいところです。

2枚当選して当選して友会カード持ってる当人が交通トラブルなどで間に合わない時など待ち合わせのもう一人がお忘れ券対応で公演前から入れるようそのあたりの対策や告知も必要になりそうです。

外箱公演は発券機がないので今まで通りのシステムになりそうです、人気公演では2週間前郵送になるときもありますが書留代の400円近くを歌劇団が負担するのは申し訳ないしそこはムリしないでほしいです。
1公演で300件も送ったら12万円も掛かってしまい公演全体にすると相当な金額になってしまいます。それに公演2週前郵送でも座席未定ではないので結局何列センターとか書いてあると高額転売されしまうので効果も薄そうです。

バウ公演は来場者も少ないので人気公演は全日当日発券になることは現実的に可能と思われます。

考えてみますと有料で友の会に入っているのですから一次抽選はすべて1枚のみ応募にして会員に当選数を倍にしてもいいと思います。同じ公演を一人で2回見れるわけでもないですし2枚ですと誘われた友人が喜ぶだけですし余った1枚を交換し当日待ち合わせになる可能性も、それでは貴重なSSや楽、新人の枠がもったいないように感じます。

今回のシステム変更は大きな効果がありそうですので優良友会会員には嬉しい変更になります。ありがとう歌劇団さん

 

♥宝塚歌劇のブルーレイや写真集・公演プログラムを宝塚アンで探す♥

コメント

タイトルとURLをコピーしました