宝塚歌劇団の公演は少々の台風や大雨ぐらいでは休演にはなりません。

宝塚歌劇団の公演は少々の台風や大雨ぐらいでは休演にはなりません。

夏場から秋にかけて台風や大雨のシーズンになりますが18年の夏の超強風の台風の時は20年ぶりぐらいに休演になったそうですがまず休演にはならない想定で見に行く必要があります。

歌劇団側としては遠方から来ているお客様も多く簡単には休演できない上に予定が詰まっているのでそのチケットで順延が出来ないので払い戻ししか出来ないのも原因です。

なので見に行く側としても台風だろうが観劇したい気持ちも強いでしょう。

なんとか行きと帰りの電車や車などの情報を確認しながら行くしかありません。

各自、自己責任で危険を回避しながら劇場まで移動しましょう。東京なら山の手線やタクシーでもいくらでも移動は可能でその日泊まる場所なども多いですが大劇場の方は路線や宿泊設備が少ないので注意が必要です。本数少なくても阪急だけでも運行数少なくしてでも大阪行きだけでも動かして欲しいところです。

遠方から観劇予定の人は飛行機・新幹線・高速バスなどでいどうするでしょうが早めの移動に宿の確保など大雨情報など見ながら早めの準備が必要です。

公演が中止になるパターンはこの場合が多そうです。前日から超大型台風が来ると予想され阪急やJRが早々に運休しますと発表となると帰れないので公演が中止になりやすいです。中止のときは公式サイトでのニュースで発表されます。

♥宝塚歌劇のDVD・ブルーレイや写真集などを宝塚アンで探す♥
当日朝に発表になることもあるので行く前にチェックが必要です。