東京宝塚劇場の当日券の並び方と買い方のアドバイス(必見)

東京宝塚劇場の当日券の並び方と買い方のアドバイス

どうしても見たい公演の上にチケットが1枚も取れないときがどうしても出てきてしまいます。1度見てもう一度見たいと思うことも多いです。東京宝塚劇場の当日券狙いで朝早くから行って並んだこともありその経験を書いてみます。

公演目次第で当日券も始発に出ても行っても到着した時点でもう長蛇の列で指折り数えても立ち見含めてもソワレ・マチネ分の人数分いて帰ったこともあります。

まず基本から

貸しきり公演のないソワレ・マチネ分の当日券がある日にいく。やはり倍チケットがあるのでソワレがとれなくてもマチネの夕方からでも取れれば幸せなので。(最近は貸し切り公演が多いので倍ある日は少ないです)無い時は仕方ないです。チケは2階席16列目の最後尾列1列42席(2500円)とその後ろで立ち見列1列の約49個(1500円)です。キャンセル待ちで10枚ほど先の91人が終わるともらえますが期待薄過ぎるので。実際ついた時点で91人越えているなら帰ったほうがいいです。

平日は始発レベルで行けば取れやすいです。朝6時半前ぐらいまでに着けば買える確率は高いように思えます。6時半過ぎから一気に来る感じします。理想は六時前ぐらいに到着すれば安全圏に思えます。土日や学生が休みの時期は激戦なので始発でもソワレ立ち見になっても取れるだけましの感じです。到着時点で1回公演の日であれば100人程度並んでいたら諦めて帰りましょう、約90席ですので。2公演ですとその倍の人数になります。当日券の発売されていない日がありますので前日夕方あたりの公式サイト当日券情報が発表されますので確認しておきましょう。

※エリザベート・ファントム・オーシャンズ11など超人気公演になるともっと早く並ぶ必要があります。
JR有楽町の始発時間が4時42分なので徹夜禁止とあるので5時前に並べば文句は言われないでしょう。始発に乗っても遅く着いてしまう人は家族の車で早めに連れてきてもらうのもありです。

真冬はさすがに暖かい季節のときよりは空いています。

やはり最後尾列なのでオペラグラスは持っていくといいです。待っている間スマホ長く使うと思いますので充電器もあるとイイです。

始発といいますが元々東京宝塚劇場に近くない人は始発で出ても到着時間は遅くなってしまいます。徹夜で並ぶのは禁止されていますのでどうしても当日券で欲しい人は有楽町付近でインターネットカフェやマンガ喫茶・カラオケ屋さんで前夜から泊まってそこから朝の5時ぐらいに行けばまず買えます。(今のところ100パーセント)さすがに5時なのでソワレのセンター近くの場所になります。料金はナイトパック的なものがあり2千円程度なので普通にホテルに泊まるより格安になります。タタミ一畳程度のマットやリクライニングシートで寝ますが毛布も貸してもらえますしマンガや飲み物も飲み放題です。マンガ喫茶に行ったことない人は近所で一度行ってみるといいです、思ったよりは居心地はいいです。

※徹夜禁止とありますが有楽町の始発電車が朝の4時42分なので5時前から並ぶ分には文句はない時間になるでしょう。

横入りは厳禁なので友人が後に来て入れるなどは絶対ダメですので当日券は原則一人で行くほうが気楽です。後で来た友人がマチネになったり取れなくて帰っていくのも気まずいものがあります。トイレに行きたいときは前後の人に声をかけて行きます。そこはお互い様なので協力してくれます。トイレはペニンシュラホテル方面の交差点などのコンビニでなにか買って借ります。流石にマナー的な問題もありますので利用もしていないなら帝国ホテルやペニンシュラホテルのトイレを使うのは辞めておきたいところです。朝10時からチケット発売の場所で順番に希望を伝えて買っていきます。まれに通常席のキャンセルなどでS席など定価で売ってる時もあるので早めの順番であれば買えるときもあります。買ったらチケットその場で貰えますので時間まで自由になります。

※5時までは敷地内に入れないようになっているそうですがその近くで待っている人もおり4時55分ごろに警備員が敷地内の列はここと作るそうです。警備員が何度もチェックしていますので途中長く居なくなると後ろに回されるそうですので注意。

歌劇団は推奨していませんが実際シャンテのあたりにお財布を出して立っている人はチケット余っていたら譲ってください。チケット譲りたい人はチケット持ってその付近で歩いていればすぐお財布組みの人が集まりますので急いで話しかけることです。

転売目的ではないので定価に手数料程度まででやり取りしますのでそこで手に入ればラッキーです。

意外と当日病気や急病で一人行けなくなった人は空席にするのも嫌なのでそこでお譲りしてる感じです。

個人的には劇場前に何時間もコンクリの上に座ったりするのは腰も痛くなりますし冷えてきますのでダイソーなど100円ショップで携帯用の折りたたみ椅子をもっていくことを勧めます、100円にでなくダイソーに400円の80キロまで座れる頑丈なイスがありますのでオススメです。思ったより小さくて軽いです。鉄パイプに布が開くのは長く座るにはキツイです。イスがないときは大き目のスーパーのビニール袋に厚手のタオルを入れて座布団にするのもお勧めです。レジャーシートは薄くて痛いのでイマイチです。時間も外に風に吹かれたり暑い、寒いとなると当日券で行った後で体調が悪くなることがあるのでオシャレより防寒(帽子・マスク・マフラー・手袋・カイロ・ブランケット)、防風対策を優先に、夏は日傘とサングラス程度ですのでまだましです。とにかく早く行って並ぶことが重要です。わざわざ行って買えずに帰ることは避けたいです。10時にチケット確保できれば全て労力は報われます。取れなくてどれだけ怒ったり悲しんでも変わりにチケットを譲ってくれる人はいないです。

東京エリザベートの当日券があまりにも激化し警備員が付き敷地内に入れないようにガードされました。5時前に居る人はその付近で待ちますが朝の5時前に開放されそこで正式な列ができます。正面のチケット見せて入る玄関入り口から見てペニンシュラホテル方向から警備員誘導の元で入りますのでチケット売り場の帝国ホテル側に待ってますと早く並んでも意味がないので5時前に行く人は今の情報が変更や2公演で列違いになる時もあるので着いたら警備員さんに遠慮なく聞きましょう。

どちらにしても当日券は時間と体力を相当使いますので並んでる時間やネットカフェの費用を考えるとある程度納得できる料金であればチケット売買サイトで買ったほうが楽ではあります。10時にチケット買えても公演までの時間までも暇になります。超人気公演で高額過ぎないのであればA・B席辺りで変えるものがあればそこで買うのも手間はないです。

東京宝塚では何時から並べばいいのかエリザベートリポート

https://travel-well.net/toujistukennanjikara