東京星組眩耀(げんよう)の谷の応募について

東京星組眩耀(げんよう)の谷の応募について

おはようございます。
はいからさん大劇場は想像以上に先着で空席になり土日ですら即日完売にはなりませんでした。
今後一般発売後それでも余っていると思われますので直前や当日にでもご自身の体調やコロナの関西方面の状況をみて観劇にいくのもいいかもしれません。

さて東京眩耀が月曜から応募スタートしますのである程度予想を立ててみました。

1次は初日・新人・千秋楽が人気なので新人や楽のSもまず当たらないのでこだわりがなければ通常日の全日SS席応募でもよさそうです。平日いける人は平日応募がよさそうです。お盆時期は平日も倍率高そうです。

2次は大劇ほど当選する人は多くはないと思われます、いくら東京の方がコロナの状況が悪くても会員数が圧倒的に関東組のほうが多いと思われます。現在約9万といわれる会員のうち6万近くは関東組ではと推察します。

それでも生徒席や招待席の良席のSも多数友会枠として出しそうなので行ける人はSの良席も期待したいところです。A・B席もセンター付近が当選枠と思われます。

先着は大劇同様プレイガイド枠も追加されるので全て50枚以上で一回の購入で1席なので10時までに公演一覧まで行っておければ土日でも充分購入可能と思えます。今までは先着の枚数が激減していましたので先着得意な人には嬉しい状況です。

しかし謎のアクセス集中で今回のはいからでは20分程度から混雑になり公演一覧まで行けませんでしたので遅くとも9時15分までにはパソコン立ち上げて公演一覧まで行っておきたいところです31分・46分にF5更新は必須

いちどはいからの購入画面で練習しておくといいです。1席しか買えませんので選択は1席選んで離れていても可は押す必要はありません。

観劇していいものかの話がネット上でもありますが各個人の価値観もあり自身の考えが正解とも限りません。

宝塚ファンは他のイベント参加より大劇はいからでも応募すらしなかった人がたいへん多く自粛率が多いようにおもいます。
とりあえず行きたい人は応募を、自身が高齢や持病持ち、同居の家族が高齢や持病持ちであれば応募を控えるのも正解と思えます。
幸運にもチケット確保できた人は最善の対策をし当日体調もよければ遠慮なく観劇に行けば良いと思います。

Twitterでのご協力も感謝いたします。

♥宝塚歌劇のブルーレイや写真集・公演プログラムを宝塚アンで探す♥

眩耀(げんよう)の谷

タイトルとURLをコピーしました