宝塚友の会2次抽選で当選させるために(一読の価値あり)

宝塚友の会2次抽選で当選させるために

当然のごとく1次は楽と新人、SSのみなので年に東京宝塚劇場では年1回、大劇場なら年2回あたるかどうかですので最初からダメ元です。

今回は2次応募でなんとか当選させるために考えてみます。

応募は12枚までなので12公演をS席1枚で応募が最善

多くの人が友人と一緒に行ければと考えるので2枚を6公演という人が多いと思いますがこれだと抽選回数は6日分なので12の半分しか当たりません。もちろんあたれば2枚なので一緒に行く友人は嬉しいですが自身が当たる確率が半減してしまいます。

3枚を4公演の応募は12回に比べ3分の1しか当選の確率がありません。
全滅でも気にしない人はこのパターンで出すのもあります。

はっきり申しまして経験的に東京では2次抽選で当たる確率は2枚応募で年2回程度です。

年9回の公演があるとして7回は全滅してることになります。

それだったら年会費払ってる自分がまず当選し良席で一公演一回観劇できる確率を倍増なせた方が嬉しくないですか?

毎回S席1枚を12公演で出せば年4回当選する計算になります。

どうせ観劇中は一言も話せませんし幕間もトイレで並ぶのでゆっくり友人と話す時間も少ないものです。
それなら待ち合わせもなく一人で行って観劇するのも気楽なものです。

特にチケット難といわれる公演は1枚応募が特にお勧めいたします。エリザべート、ファントム、青薔薇などどれほど応募しても外れ続けたことを思い出してほしいです。友人のために当選確率半減させて後方端席をなんとかプレイガイドや一般先着で確保してみるより少しでも前の方でセンターに近いところで1回見たかったところです。有料の友の会はまず自分が見るために使いたいところです。友人と行きたければ友会先着で複数枚取れば充分です。

なぜS席がいいのか?

当選の確立を上げたいならA席やB席1枚を12公演応募の方が当選確率は上がると思います。しかしながら2次抽選で当たるS席は東宝なら10列までのサイドブロック(際端席もあり)10列から18列あたりのセンターブロックが当選エリアになるので良席になるメリットが大きいからです。

A・B席はセンターブロックなのでもちろん悪くはありませんがSの良席当たるチャンスを逃すデメリットが大きいと思われます。

応募する曜日は土日は避けれるなら避けたほうがいい

仕事をしており土日しか行けない平日も職場からソワレの時間には到着できないほとは土日しか応募できません。
なので平日の昼間行ける人は平日昼間を12公演の応募が理想です、また平日夕方でも行ける人はそちらもまぜるといいです。

経験的には祝日は比較的当たりそうな気がします。

友会優先公演は当たりやすいですが良席でなく2階サイドあたりませ当選枠なので良席狙いならその日は外すのはあります。退団者次第ですが前楽も当たりずらいので必要でないならその日も外した方がいいです。後は初日、新人公演日の昼公演も倍率高いと思います。

♥宝塚歌劇のブルーレイや写真集・公演プログラムを宝塚アンで探す♥

 

タイトルとURLをコピーしました